ホーム  事業・サービスついて  介護サービスや生活支援サービス

事業・サービスについて

地域での生活を支えるさまざまなサービス

介護サービスや生活支援サービス


社会福祉協議会では、地域にお住まいの一人ひとりの福祉ニーズに対応するためのさまざまな事業を展開しています。各種相談の受け付けや、専門的な介護サービスのご提供のほか、市内のボランティア団体などと連携して、公共性の高い特色のある取り組みも行っています。ここでは、個人でご利用いただけるさまざまなサービスをご紹介します。

 車イス貸出し事業

高齢、障がい、病気またはケガなどの理由により、一時的に車イスが必要となった在宅の方(病院や福祉施設の中で日常的にご利用いただくことはできません)を対象に、1か月を限度に無料の貸出しを行っています。

ダウンロードページから申請書をダウンロードすることがきます。

※申請時に印鑑をご準備ください。


 心配ごと相談事業

日常生活の中の困りごとについて、民生委員、学識経験者などが幅広くご相談に応じ、解決方法を一緒に考えます。

毎月第2・4水曜日の午前10時から午後3時まで開設しています(変更がある場合がありますので事業カレンダーでご確認ください)。相談は無料、予約も不要です。



 訪問介護等事業(ホームヘルプサービス・ガイドヘルプなど)

高齢者や障がい者など、介護が必要となった人に、身体介護や家事援助などの適切な介護サービスを提供することにより、ご利用者の自立した生活のサポートや、ご家族の介護負担の軽減を行い、ご自宅で安心して暮らしつづけることができるよう、サポートさせていただきます。


訪問介護事業・介護予防訪問介護事業

介護保険認定調査において要介護・要支援状態に認定されるなど、支援が必要な在宅の高齢者を対象に、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問して、身体介助(食事・入浴・排泄等の介助)および生活援助(調理・洗濯・掃除・買い物等)を行うことで日常生活をサポートします。


障がい福祉サービス(居宅介護・同行援護)事業

身体、知的または精神に障がいがあり、支援が必要な在宅の障がい者を対象に、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問して、身体介助(食事・入浴・排泄等の介助)および家事援助(調理・洗濯・掃除・買い物等)を行うことで日常生活をサポートします。


地域生活支援事業

外出の際に支援が必要な障がい者を対象に、ガイドヘルパーを派遣して、外出をサポートします。



 日常生活自立支援事業

認知症、知的障がい、精神障がいなどで判断能力が不十分なため日常生活でお困りの方を対象に、福祉サービスの利用や、日常的なお金の出し入れなどを支援するサービスです。

ダウンロード」ページにあるパンフレット「日常生活自立支援事業」に詳しいサービス内容や手続き、費用などの説明があります。


 移送サービス事業

市内在住で、高齢や障がいなどの理由により、外出の際に車イスを使用される方の社会参加を支援するため、車イスのまま乗車できる福祉車両(軽自動車)の貸出しを行っています。ご家族などが運転ができない場合には、可能な範囲で「運転ボランティア」の調整と派遣を行います。

ご利用にあたっては事前の登録が必要です。また、ガソリンなどの実費負担があり、そのほか運行日、利用回数、運行範囲、介護者の同乗など、利用にあたってはいくつか条件があります。詳しくはお問い合わせください。


 手話講習会事業

手話の学習及び聴覚障がい者との交流会を通じ、手話と聴覚障がい者に対する理解の普及推進並びに聴覚障がい者との手話でのコミュニケーション及び日常生活を行うことのできる人材の育成を目的に実施しています。

福津市手話サークル「ひまわり」の会が中心となって運営しています。


 平成29年度 手話講習会カレンダー【PDF:439KB】




 福津市障害者意思疎通支援事業&聴覚障がい者生活支援事業

日常的に手話によるコミュニケーションを行っている、聴覚に障がいのある方などを対象に手話通訳者の派遣を行います。

詳しい事業の内容やご利用方法などは、福津市社会福祉協議会事務局にFAX(34-3343)またはメール(問い合わせフォーム)でご相談ください。


 福津市障害者意思疎通支援事業に関する報告書類はダウンロードページより取得できます。



 点訳(点字情報の提供)

福津市社会福祉協議会に所属するボランティアグループ「ねむの会」が行っている、視覚障がい者などに向けた点字情報の提供サービスです。

行政および福津市社会福祉協議会広報誌などの定期刊行物の点訳のほか、利用者からの個別のリクエストにも応じています。

活動は「ねむの会」が中心となって行っています。


 音訳(音声情報の提供)

福津市社会福祉協議会に所属するボランティアグループ「音訳ボランティアふくつ」が行っている、視覚障がい者などに向けた音声情報の提供サービスです。

行政および福津市社会福祉協議会広報誌などの定期刊行物の音訳のほか、利用者からの個別リクエストにも応じています。

活動は「音訳ボランティアふくつ」が中心となって行っています。


 おもちゃの図書館

福津市社会福祉協議会に所属するボランティアグループ「福津市おもちゃの図書館たんぽぽ」が行っているおもちゃの図書館です。

障がいのある子ども向けの「布のおもちゃ」をはじめ、絵本や玩具をそなえた、親子が一緒に遊ぶことのできる場所として、毎週火曜日(一部を除く)の10:30~12:30に開館しています。障がいの有無に関係なく幅広い子どもが遊べる場所となっています。



PDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。