ホーム  事業・サービスついて  福祉教育と啓発事業

事業・サービスについて

福祉のまちづくりは人づくりから

福祉教育と啓発事業


市民のみなさまが福祉を身近に感じていただけるように、また、福祉への正しい理解が広がるように、市内の学校や地域の団体等と連携して福祉教育を推進しています。そのほか、啓発イベントの開催や福祉に関係する人の交流の機会の場づくりなどにも取り組んでいます。

 学校と連携した福祉教育の推進


ふくし体験教室事業

各種福祉体験の指導や、福祉講座などの講師の調整を行っています。


 福津市ふれあい交流事業(福津市からの受託事業)

障がいのある人が地域で、安心して、地域社会の一員として生き生きと暮らし続けることができるように心豊かであたたかい共存、共生のまちづくりを目指して2つの事業を行っています。

障がい者コミュ二ティカフェふらっと

障がいのある方や家族、関心のある方、誰でも集える場所を定期的に開催しています。

交流が促進されることで、障がいの有無にかかわらず誰もが参加、参画できる共生の地域社会を目指しています。



ふくつ・まごころマーケット

障がいのある方の自立を支援するため、障がいのある皆さんが心を込めてつくる製品や提供するサービスを「まごころ製品」と名付け、その販売と提供を通じ、障がいのある皆さんの収入向上や啓発に取り組んでいます。年に1回イオンモール福津にて「ふくつ・まごころマーケット」を開催しています。