ホーム  事業・サービスついて  災害対策事業

事業・サービスについて

平時の福祉活動の成果が、災害時に活きる

災害対策事業


福津市社会福祉協議会は、福津市の「福津市地域防災計画」の中で、大規模災害が発生した場合は、「災害ボランティア本部」を設置し、被災住民の支援を図るとともに、全国から駆けつけるボランティアの善意が効果的に活かされるよう活動を支援・調整する役割が与えられています。

 災害ボランティア本部運営マニュアルの策定

災害ボランティア養成講座

福津市社会福祉協議会は、「災害ボランティアセンター設置・運営マニュアル」を整備するほか、福津市で災害が起きた場合に対応できるよう災害ボランティアセンターに職員を派遣して経験を積む取り組みを行っています。


 災害被災地の支援活動

近隣市町村で災害が発生した場合や、平成23年に発生した東日本大震災、平成24年・平成29年に発生した九州北部豪雨災害などでは、職員の派遣や災害ボランティア活動への参加なども積極的に行いました。




【職員派遣実績】

(1)平成21年福岡県7月豪雨(那珂川町)

(2)平成23年東日本大震災(宮城県石巻市)

(3)平成24年九州北部豪雨(八女市)

(4)平成29年九州北部豪雨(朝倉市)